中東、サウジアラビアの文化習慣、ワーホリなど海外での異文化体験を書いています。

2018年東京隅田川花火大会と秋田大曲(おおまがり)花火大会の違いとは?

WRITER
 
大曲の花火大会とパイプイス席セット
この記事を書いている人 - WRITER -
サウジアラビア在住35年以上。孫沢山のアラカンです。ここ2年ぐらいでサウジアラビアの政策がガラリと変更。女性の運転解禁、宗教警察がいなくなった、エンターテイメントの受け入れオーケー。世界遺産5個もあるサウジは、まもなく観光ビザを解禁します。このような規制の多い世界でどのように生きてきたのか?住めば都とはよく言ったものです。

みなさん、こんにちは!
いよいよ夏の到来ですね!この間まで、涼しかったのがウソのように暑い夏がやってきました。
とうとう扇風機やクーラーの出番がやってきました。

夏と言えば風物詩!
「お祭り」、「花火」など日本全国、ご当地自慢の行事が沢山ありますね。

その中で一番派手な風物詩は、夜空を華麗に彩る『花火』ですね。

花火大会といえば日本には、いろいろありますが、他の花火と比較することで「大曲の花火」の特徴を際立たせたいと思います。

私の地元の大曲(おおまがり)の花火大会と日本で最も有名な歴史のある隅田川花火大会を比べてみることにしました。

スポンサーリンク

隅田川花火大会と大曲の花火は、どう違うの?

一言でいうと、大曲の花火は、この伝統のある隅田川花火大会と一線を画します。
つまり花火師を競い合うからです。

私は、地元が秋田なので、かなり前ですが、2回ほど観覧しました。
そのうちの1回は、桟敷席で、見ましたが、迫力がハンパなかったです。

それでは、それぞれの特徴を見てみましょう。

隅田川花火大会とは?

隅田川花火大会とは、

江戸時代に始まった隅田川花火大会は、隅田川沿いにそって打ち上げられます。

隅田川は、東京都北区の新岩淵水門(しんいわぶちすいもん)で荒川から分岐し、東京湾に注ぐ全長23.5kmの河川です。

打ち上げ場所は、第1会場と第2会場があります。

  • 第1会場は、桜橋下流~言問橋上流
  • 第2会場は、駒形橋下流~厩橋上流

打ち上げ花火は、合わせて20000発です。
毎年95万人程の人が集まります。

2012年に完成した雄大なスカイツリーの姿と一緒に花火を楽しめます。

2018年の隅田川花火大会の日程は、次のとうりです。夏の夜空にロマンチックに輝く花火を恋人といかがですか?

平成30年7月28日(土曜日) 午後7時00分~8時30分
※荒天等の場合は、翌7月29日(日曜日)に順延し、両日とも実施できない場合は中止とします。

大曲の花火の特徴3つとは?

「大曲の花火」は、正式には、「大曲全国花火競技大会」と言います。

秋田県大仙市大曲地区で毎年8月第4土曜日に開催される花火大会です。

打ち上げ花火は、合わせて18000発
約80万人の人が集まります。

大曲の花火の特徴は次の3つです。

  • 花火は、夜に打ち上げられますが、日本でただひとつ「大曲の花火」は、にも打ち上げられます。
  • 「日本3大花火競技大会」の内の一つに数えられます。大曲の花火は、花火を作った職人と花火を打ち上げる職人は、同じ人で花火の技を競い合います。
  • 「10号玉・創造花火・昼花火」の3部門の総てに出場し花火師の総合力が試される大会です。

花火師が一年掛けて精魂込めて作り上げた「花火の技を競い合う」という点を頭にいれて見て頂きたいです。

現代社会では、ほとんどのモノが効率の良い機械化作業で行われますが、この花火だけは、手作業で行われます。
やはり、日本人は手先が器用なのでこんな素晴らしい花火が創れるんですね。

匠の技術と創造力で花火の質を競う日本最高峰の技術が集結します。
そこには、豊かな創造性と時代に沿った斬新なアイデアが必要とされます。

また音楽に合わせて花火が打ち上げられるので色彩やリズム、立体感などの構成を駆使しなければなりません。
言葉で言っても良くわからないと思うので一つ紹介してみましょう。
それでは、2015年の大会提供花火「あさきゆめみし」からの動画をどうぞ!

今回の大会提供花火は「源氏物語」を漫画化した「あさきゆめみし」からきているようです。情緒あふれる和テイストの花火となっております。

「第92回全国大曲花火競技大会」は、2018年8月25日(土)に開催予定です。
日本全国から選び抜かれた28社が内閣総理大臣賞を狙って、競い合う名誉ある大会です。

日本3大花火競技大会とは?

全国には、明治時代に始められた古い歴史のある大曲の花火の他に次の2つが花火競技大会としてあります。

  • 大曲花火競技大会ーーーー秋田県大仙市
  • 土浦全国花火競技大会ーーー茨城県土浦市
  • 伊勢神宮奉納全国花火大会ーーー三重県伊勢市

上が日本3大花火競技大会です。

「大曲の花火」は、歴史を振り返ると東北地方の花火師を対象として1910年(明治43年)から始まっています。その当時としては、優勝の賞金が多かったので全国から花火師が参加するようになり、大正4年(1915年)に「全国花火競技大会」と改称しました。

花火師の総合力が評価されるとは?

大曲の花火をもう一回復習すると

  • 花火をつくった本人が自らの手で打ち上げる真の競技大会であること
  • 大曲の花火の特色は、夜の花火だけではなくて、日本で唯一の昼花火があります
  • 花火師の総合力が試される大会
  • 内閣総理大臣賞が優勝者に授与される。『10号玉』および『創造花火』の両部門での総合評価によって採点される。

『昼花火(17時30分~)』と『夜花火(19時30分~)』の両方を見られるのは、遠方からわざわざ来た人にとっては、うれしいですね。夜花火だけじゃなく、昼花火も見られる。断然お得感があります。昼の花火も色彩がとてもキレイですよ。

スポンサーリンク

そのほかの特徴として、「10号玉・創造花火・昼花火」3部門の総てに出場しなければならない点です。
つまり花火師の総合力が試される大会です。

また大曲の花火の内閣総理大臣賞は、夜花火である『10号玉』および『創造花火』の両部門での総合評価によって授与されます。

もっと詳しく知りたい人は、次のサイトを開いてみてください。

 

大曲の花火の観光ガイドとマップ

一般有料観覧席券直接販売の予約について

この情報は、主に地元の人や旅行業者に有利ですが、興味のある方は下のサイトを参照してください。

だいたいまとめると、期限は過ぎてしまったようですが、次のようになります。

  • 旅行業者向け販売は、
    申込期間:平成30年3月1日(木)10時~3月30日(金)16時で終了
    今年は、もう終了してしまったようです。
    来年に期待しましょう。
  • 一般向け販売:申込期間:平成30年4月18日(水)10時~無くなり次第終了となっていました。来年は、お早めに購入しましょう。
  • 個人の有料観覧席(桟敷席);これは、インターネット予約ができます。

A席(定員6名) 23,000円
C席(定員5名) 15,000円
イス席(定員1名) 3,000円 (価格はすべて税込です)
※イス席は上流と下流に分かれて配置されます。
有料自由観覧エリアについて
昨年の第91回大会は、大雨により足場が悪かったため無料で開放いたしましたが、第92回大会では有料となります。(トイレの設置、警備員の配置、芝の復旧作業など多額の費用が掛かるため)
1名 1,000円(当日徴収いたします)

2018年から新設されたパイプイス席セット券とは?特徴と特典とは?

2018年から新たに、「パイプイス席セット券」が発売されました。
この特徴は、一年間に3回、圧巻花火が草むらではなく、足元が舗装されている場所で観覧できるという利点があります。
しかも、観覧席のどまんなかのパイプ椅子席で観覧できるということもうれしいですね。雨が降っても大丈夫ですね。
また3回とも自分が予約した同じ席に座ることができます。ご家族分として購入してもいいですし、友達と共同で買ってもいいですね。
その他、特典として「大曲の花火」のオリジナルネックストラップが貰えます。

  • 観覧会場のど真ん中でパイプイス席で鑑賞!
  • 足元が舗装なので悪天候でも安心!
  • 夏・秋・春と同じ場所で鑑賞が出来る!
  • 「大曲の花火」オリジナルネックストラップ付

  • 大曲の花火 春の章 2019年 5 月11日
  • 大曲の花火 秋の章   2018年 10 月13日
  • 大曲の花火 全国花火競技大会 2018 年8月25日

上の3つセットで販売価格が13000円です。
2018年5月に行われた「春の章」の動画があります。是非参照してください。
その前に「春の章」のプロモーションビデオもご覧ください。
「海外の花火業者を招待して」「世界の花火」を紹介しながら日本の花火の素晴らしを世界に発信!」


場所は、「大曲の花火」と同じく「大曲花火大橋下流河川敷」です。
これについての詳細は、下をクリックして調べてみてください。

「大曲の花火」パイプイス席セット券|イベントチケット情報・販売・予約は ローチケ[ローソンチケット]

なんと、この「パイプイス席セット券」は、真夏の暑い季節でなく春や秋の涼しい季節に汗もかかず、虫にもさされずに観覧できるのは、うれしいですね。

まとめ

隅田川花火大会特色は、日本で一番古い江戸時代からの花火です。
会場は、次の2つに分けられて打ち上げられます。

  • 第1会場は、桜橋下流~言問橋上流
  • 第2会場は、駒形橋下流~厩橋上流

スカイツリーの姿と一緒に花火を観賞でき、都会ならではの風情を楽しめますね。

大曲の花火は、花火師の競技大会なので、日本中から選ばれた花火師による光の競演になります。つまり斬新な技、テクニックを使いわけながら音楽に合わせて観客も魅了するような演出が必要とされます。また内閣総理大臣賞の名誉ある賞を頂けるので花火師たちは、それを目指して今日も日々頑張っています。

2018年からパイプイス席セット券が発売されました。1年間に3回(春、夏、秋)と圧巻花火が楽しめます。料金は、13000円です。
ご家族やご親戚の方と一緒にチケットを購入されてもいいですし、お友達と一緒に購入してもいいですね。

サウジアラビア旅行に役立つメルマガ

ラクダと砂漠

中東アラブCLUB無料メール

この記事を書いている人 - WRITER -
サウジアラビア在住35年以上。孫沢山のアラカンです。ここ2年ぐらいでサウジアラビアの政策がガラリと変更。女性の運転解禁、宗教警察がいなくなった、エンターテイメントの受け入れオーケー。世界遺産5個もあるサウジは、まもなく観光ビザを解禁します。このような規制の多い世界でどのように生きてきたのか?住めば都とはよく言ったものです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© サウジアラビア旅行裏ガイドブック , 2018 All Rights Reserved.